トレイルランニングを始めたきっかけは?元々山には縁がありませんでした。

2017年1月28日

LINEで送る
[`evernote` not found]

記念すべき初エントリーです。

まずは僕と山の出会いから。

出会いといっても、タイトルにもあるように学生時代はまったく山には縁がなく、サッカーに明け暮れていました。社会人になってからも数年は社会人チームでサッカーを続けていたものの、だんだんと「チーム」というしがらみが億劫になり笑、気ままに取り組めるランニングにシフトしました。

初めはもちろんロードから(その当時はトレイルランニングなんて言葉すら知りませんでした)10㎞、ハーフ、フルとちょこちょこ大会にエントリーしながら距離を伸ばしていきましたが、フルを2回完走したところで「なんか他にも楽しく体動かせるものはないものか‼」と浮気心が出てきます。そんなときに発見したのが「トレイルラン」でした。

山を走るスポーツ「トレイルラン」。
一体どんなもんやとノリで16㎞の大会にエントリーしたのがすべてのはじまり。

16㎞なんて余裕だろだいぶなめて掛かってたので、めちゃくちゃしんどかった記憶がありますが、それ以上に感じた「気持ちよさ」!

なんだこの面白いスポーツは!とそこから一気にトレイルランにハマりました。本格的な登山経験は一切なし。いきなり「山を走る」というところから山と接点を持ち始めました。

※登山経験なしでトレイルランから入る人の中には山のマナーが悪く、ハイカーからのトレランは危険だ!という声も挙がっていますが、僕は大丈夫です(自分で言うな笑み)。

そこからは定期的に出る大会はトレイルランニングにどんどんシフトしていき、気づけばいまは山は虜に…という状態なのです。目下、今後はファストパッキングや登山なんかも普通にしてみたいという欲望がむくむくと芽生え始めています。

大人になってから出会えた、生涯を共にできそうな心躍る趣味を見つけたわけですが、そんな大好きな「山」「トレイルラン」はもちろんのこと、「運動」「スポーツ」「健康」などをテーマに今後ブログに綴っていこうと思います。

どうぞお見知り置きを。
ってこのエントリー絶対誰にも発見されませんな笑

LINEで送る
[`evernote` not found]