【共有】UTMF2018‐2020 参加資格・ポイントについてまとめてみた。

2018年12月1日

LINEで送る
[`evernote` not found]



前回の記事で予告しましたが、今回は一昨日3月3日にリリースされたUTMFの参加資格・ポイントについてまとめます。

タイトルにも記載したように、今回のリリース内容は2018年‐2020年にかけて適用されるものです。

2018年だけではなく、2020年までの期間があることについては、「ポイントの認定期間が3年」となったからです。詳しくは後述します。

あ、ちなみにこんな記事を書きますが、僕はUTMF出たことありません(笑)来年か再来年には!って感じなので悪しからず。

 

UTMF/STY参加資格

 

それでは早速、今回発表された内容を。

まぁ、UTMFのHP見れば書いてありますけどね。(そもそも「参加資格・ポイントって?」という方は、前回の記事:【UTMF/UTMB】トレランやるならこれを目指すべし!(直近発表された「ポイント」については次回まとめます)をご参照ください)

 

こちらが参加資格

<参加資格>
●大会当日に18歳以上の男女で、コースを迷うことなく制限時間内に完走できること。
大会エントリー開始日の3年前から前日までの間に、国際トレイルランニング協会(ITRA)がポイントを認定しているレースに出場・完走し、下記の規定ポイントを獲得すること。
ただし最低1レースはエントリー開始日の1年前から前日までに開催されるレ―スとする。

・UTMF 最大3レースで12ポイント以上
・STY  最大2レースで5ポイント以上

<備考>
*UTMF2016において男子100位以内、女子20位以内で完走された方には優先エントリー権を付与。
*UTMF2018のエントリー開始日は2017年10月16日を予定。
*この参加資格はUTMF2018、2019、2020の3大会で適用。

※サイトはこちらから。

 

ついでに、UTMF実行委員長 鏑木さんからもコメントが出ていました。

ざっくりまとめると↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●資格レースの変更(これは上記のとおり)
従来の「エントリー資格国内レース一覧表」(UTMF独自作成)を廃止し、国際トレイルランニング協会(ITRA)の認定レースのみを資格レースに。

●理由
日本と海外の選手で参加資格の違いがないようにするため。(ITRAへの申請・認定レースが国内、海外ともに急増しているという背景もあり)

●ポイントの認定期間
レース出場予定に無理がないようにするため「3年」に変更。

※全文はこちら

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

なるほどって感じですね。UTMFが、名実ともに真の国際レースのひとつとして成長していくための措置なんですね、これは。

うん、いいと思います。

 

 

自分はいま何ポイント?ポイントの確認方法

 

来年のエントリーを目指している人にとって「いまの自分は何ポイントなんだ?」というのが当然気になるところ。

これはITRA(通称「イトラ」)という国際トレイルランニング協会が発表している「ITRA認定レース一覧」(UTMF2018の国内認定レース一覧)をチェックする必要があります。

ITRAのサイトはこちら。(以下キャプチャからもリンク飛べます)

 

※今後開催されるレースのポイントについては、ITRAのサイトで確認してみましたが、「地域」を日本でソートするとまだあまり載っていませんでしたが、今後随時追加されていくと思います。

 

それとこの一覧、国内のミドル以上のレースがほぼ網羅されてて、今後の出場レース検討用にも非常に便利です。(※「距離」などは微妙に変わる可能性があるので注意)

 

 

ちなみに僕の現状ポイントは…

 

ちなみに僕の現状のポイントは…

FunTrails50K Two lakes&Green line(2015)【3ポイント】
FunTrails50K Two lakes&Green line(2016)【3ポイント】

以上!少ない!笑

 

実は50㎞超えのレース経験でいうと、あと2つあるのですが、一つはDNF(Do Not Finish)、一つはITRAポイント対象外なのです。

後者については、(人によっては)知っておいたほうが今後のレース選定の際の基準になると思うので、念のため共有しておきますが、

KTF(北信濃トレイルフリークス)主催のレースはすべてITRAポイント対象外

となります。

なんとー!!

KTFさんもITRAと折衝を進めていたようですが、最終的に妥協点がみつからず、今後も含めITRAポイントの獲得はできない、と正式にKTFより発表されています。

KTFとは北信濃エリアでトレイルランの大会を年間8~9本開催している主催者のこと。僕は昨年10月に「志賀高原エクストリームトレイル(60㎞)」を完走しているのですが、もれなく対象外となりました。正直残念ではあります。

 

…が!(ここからは脱線話ですが)

 

KTF主催の大会はほんとにオススメです!超楽しいです。

僕は「志賀高原エクストリームトレイル」以外に、「”ROCKIN’ BEAR”モントレイル黒姫」の2つに出たことがあるのですが、どちらもほんとに最高でした!

何が最高って、
①北信濃という場所が最高(長野最高説)
②参加賞のクオリティーが高くて最高(格好いい)
③前夜祭や後夜祭が最高(うまい!)

トレラン楽しみたい人には絶対的におススメします。というわけで、僕はポイント取れなくても、まだまだ出ていない大会があるので今後もエントリーします^^

 

話が逸れました。

 

現状「6ポイント」!まぁ、ないよりはマシでしょう!UTMF参加資格ゲットまであと6ポイントか。STYならもう出れる。とりあえず、FunTrailsよ、ありがとう。

ちなみに今年参戦予定のロングレースが以下3つあるので、ここから2レース無事に完走できれば12ポイントはなんとかいきそうです。(※下記ポイントは今回発表された2018用のポイント)”あと1レース”でないところが憎い!

 

<今後の参戦予定レース>

5月:トレニックワールド110㎞ in 彩の国 5ポイント
7月:SPA TRAIL(Shima to Kusatsu) 4ポイント
10月:FunTrails100K Round 秩父&奥武蔵 5ポイント

 

この「ポイント制」、ゲームみたいでなかなか楽しいです(笑)

 

ちなみに僕にはロングレースにおける裏テーマ(メインテーマ?)がありまして、それは「相方(=妻)と一緒に完走する」ということ。なんとか達成させたいところです。(相方は今年から東神田TRCで急成長中なのできっといけるはず!)

 

それではみなさん、UTMF目指して頑張りまっしょい。

ではまた。






LINEで送る
[`evernote` not found]