【準備編①テクノロジー】オフラインGPSアプリ「Geograpfica(ジオグラフィカ)」(トレニックワールド100㎞に向けて)

2017年5月18日

LINEで送る
[`evernote` not found]

いよいよあと5日。

泣いても笑っても5日後のAM9時には100㎞の旅に出発です。

 

この週末も補給食を買ったり、相方とレースプランを立てたりと、いろいろと準備を進めてますが、その中で、是非出走される皆さまに共有しておきたい素晴らしいツールがあります。

トレニックワールド(TW)に参加しない方であっても、スマホを使って山を楽しむ人であれば知っておいて損なしのツールです。是非ご参考までに。

 

「Geographica(ジオグラフィカ)」というキャッシュ型のオフラインGPSアプリ。iOS、androidともにアプリがあり、下記HPからダウンロードできます(無料)

http://geographica.biz/

 

このアプリの「特徴」と「できること」

なにやらいろんなことができます。が、このアプリ、登山ガイドの人なんかも使うようで、軽く専門的な内容が入っていました。

ビギナーの僕でも <わかる機能>と<わからない機能> に分けてみます(笑)

 

<猿でもわかる機能>

  • キャッシュ型オフラインGPSアプリ。
  • 地図をキャッシュすれば携帯圏外でも使用可能。
  • GPSログ、マーカー(POI)の登録や表示、ルート案内など登山に必要な機能を搭載。
  • 音声によるルート案内やスマホシェイクで喋るなど、画面操作をせずに情報を得る機能を搭載。
  • 距離や高度の単位はメートル以外に、マイル、海里、フィートに対応。
  • SIMなしのスマホでも使用可能。SIMが入ってなくても無線LANで地図をキャッシュしておけば山で使える。つまり、機種変して余ったスマホはGPS専用機として使える!(SIMなしは電波を探さなくなるので電池がもつ!)

<猿ではよくわからない機能>

  • 国土地理院の詳細な地形図や世界中で使えるOpen Street Mapなど、各種地図に対応。
  • KMZファイルをインポートし、カスタムマップとして表示することが可能。
  • UTM(Universal Transverse Mercator)形式の座標表示が可能。

 

後半3つは何がなんだかさっぱりです(笑) とりあえず最初の6つだけでも「ツカエそう」なことはわかるかと思います。

 

10分で設定完了!スマホだけですべて完結!

今回僕は、トレニックワールドのコース地図をオフラインで使えるようにすべく設定をしたわけですが、たったの10分で設定完了。しかもスマホだけですべての設定が完結

正直こういう設定って「面倒くさい」「よくわからない」もしくは「途中までうまくいってもどこかでつまずく」というのがオチだと思いますが笑、あっけなく設定できました。

というわけで、恐れずにいきましょう。

 

さぁ、設定しよう!4ステップのみ!

設定するには下記4ステップを踏むだけ。簡単です。

  1. アプリをダウンロード
  2. TWのHPから「GPXファイル」をDropboxに保存
  3. Dropboxからアプリにデータをエクスポート
  4. アプリを起動

ざっくりいうと以上です。本当にこれだけ(笑)

 

とはいっても、もう少し詳しくいきますね。

 

1.アプリをダウンロード

ジオグラフィカの公式HPからアプリをダウンロードします。(無料)

http://geographica.biz

※少しスクロールするとiOS、Androidそれぞれのリンクがあります。

 

2.TWのHPから「GPXファイル」をDropboxに保存

別に「GPXファイルって何?」とか思わなくても大丈夫です(笑)

下記のURLに飛ぶと、ページ中断ぐらいに「5月20日(土)~21日(日)」があるので、その中から「GPX」の言葉を見つけてください。

※PCの人は「GPX」でページ内検索をすれば一発です。

http://www.trainic-world.com/schedule.html

 

 

 

 

 

 

 

「・GPXファイル(North Stage, South Stage①, South Stage②)」

 

という箇所があると思いますが、ご覧のとおり「North Stage」「South Stage①」「South Stage②」の3つがあります。このうち自分の欲しいもののみをDropboxに一旦保存するのですが、いずれかをクリックすると、下記のような画面が表示されます。

この画面で下段中央のアイコンをタップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「Dropboxに保存」をタップ

 

 

 

 

 

 

 

 

3.Dropboxからアプリにデータをエクスポート

下記のとおりDropboxにデータが保存されました。
それぞれひとつずつ、ファイルをアプリにエクスポートしていきます。

ファイルをタップ。

 

 

 

 

 

 

 

右上の「…」をタップすると下記のように画面になるので一番上の「エクスポート」を選択。

 

 

 

 

 

 

 

下段の「別のアプリで開く…」をタップ。

 

 

 

 

 

 

 

今度は上段から「Geographica」を探してタップ。

 

 

 

 

 

 

 

ここまできたらあとはアプリが勝手に立ち上がり、エクスポートが始まります。このあたりは「許可」や「はい」を選択して進めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、完了。

 

アプリを立ち上げて、、

メニューを開いて「ファイル」をタップ。

 

 

 

 

 

 

「トラック」をタップ。

 

 

 

 

 

 

 

ここにしっかりデータが入っていますね。
で、これをタップすると、

 

 

 

 

 

 

 

じゃじゃん!完璧!

 

 

 

 

 

 

 

はい、これで今回のコースマップがアプリの地形図上に表示されるようになりました。もちろんこのエリアに自分がいけば、自分の居場所も表示されます。

あとは使いこなすのみ。

現在地の表示とか、北向きで固定する、とか必要最低限の機能は直感的に使えます。(説明書もかなりしっかりしています。)

 

 

これで不安要素のひとつだった道迷いは防げそうだ。(トレニックワールドは誘導員がコース上にいないのです…)
いやー安心感が違いますね!

よしよし^^

LINEで送る
[`evernote` not found]