【参戦記⑤前日編】楽しかったレース前日を写真で振り返る(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

LINEで送る
[`evernote` not found]

ようやく前日編です。

もうね、番外編だけで終わろうかと思いましたが笑、レース前日はせっかくたくさん写真を撮ったので備忘録がてら振り返っておきたいと思います。

「写真で振り返る」なんて書くと、それは素晴らしい写真のオンパレードなんだろうなと思うかもしれませんが、なんのことはないごく普通の参戦記録です(笑)

 

▼関連記事はこちら。

【エントリー完了】第4回SPA TRAIL 四万to草津 ‐ リベンジレース‼

【準備編】いよいよ明日!!「第4回スパトレイル 四万to草津 2017」(SPATRAIL Shima to Kusatsu)

【参戦記①総括】二年連続56.7㎞のDNF。走り終えて思うこと(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記②番外編】大会概要から感じた諸々(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記③番外編(2)】コース中のメッセージ全公開!(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記④番外編(3)】ベスパ斎藤氏「補給プチ講座」の内容を共有!補給における「コーラ」の是非について(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

 

スパトレイルは前日受付がマストの大会。前日午後にブリーフィングが3回あり、そのいずれかに参加できるように、参加者は群馬県中之条駅に集います。

 

▼上野駅から特急草津に乗り、いざ中之条へ。特急指定券を買ったのが直前になってしまい隣同士の席が取れず。しかし電車に乗ってみると自由席が普通に隣同士で空いており、結局自由席に着席(笑)いきなり指定券代無駄にしつつ、いざLet’s go!

 

 

 

 

 

▼草津行きの特急とかもはや遠足気分。

 

 

 

 

 

▼遠足気分を盛り上げるべく、上野駅構内でたい焼きを購入。座席にてモグモグ。しかし、このたい焼きはあまりおいしくなくて失敗…

 

 

 

 

 

▼電車で爆睡するとこの日の夜眠れなくなるので、移動中は読書。持ってきた本が面白かったのでまったく眠くならず。至福の時間を過ごしながら、あっという間に中之条に到着。

 

 

 

 

 

▼中之条駅はスパトレイル一色。去年もここにきたので否が応にもテンションあがる。

 

 

 

 

 

 

 

▼駅前からブリーフィング会場まではシャトルバス。バスで10分程度で到着します。僕ら夫婦もトレラン経験値は上がってきたけど、やっぱり周りのみなさんは屈強そうに見える^^;

 

 

 

 

 

 

▼ブリーフィング会場入り口。去年も来たなー。

 

 

 

 

 

 

▼本来であればすぐに受付を済ませ、必携品チェック→ブリーフィングという流れなのですが、会場外に出ていたスポンサー出店エリアにて、ベスパ斎藤氏を発見!補給についてプチ講座を受けつつ、行動食を買い足し、ちゃっかり斎藤氏とツーショット。写真撮ってないけど、SALOMONブースには翌日の本番で「優勝」を果たすことになる大瀬さんもいて談笑。みんなフレンドリー(笑)

 

 

 

 

 

 

 

▼一通りブースでの時間を楽しんだ後、ようやく受付をしゼッケンや参加賞TシャツをGET。その後必携品のチェックを経て、ブリーフィングに入ろうと思ったのですが、ブースでぷらぷらしていたことが仇となり、すでにブリーフィングは終盤に(笑)仕方ないので一時間以上後の次の回に参加することに。
ちなみに必携品チェックはこんな感じ↓給食のおぼん。決められた場所に決められたものを置きます。

 

 

 

 

 

 

▼ブリーフィングまで時間があるので再度外に出て、この大会に参加している仲間たちを探索。会場で知り合いに会えるのは嬉しいですね♪

 

 

 

 

 

 

 

▼なめこ汁が無料で振る舞われていたので、もちろんいただく。おばちゃんたちにカメラを向けると照れる人1名、調子に乗る人1名(笑)

 

 

 

 

 

 

▼普通においしかったけど、ちょっとネギを入れ過ぎて、その後口の中がしばらくネギ臭に。

 

 

 

 

 

 

 

▼会場で会ったラン仲間が、なにやら鏑木さんのサイン入りトートバッグを肩から掛けていて、「それはなんじゃ」と聞くと「ブリーフィング会場で鏑木さんにもらえるよ!いまならきっといけるはず!」との情報を入手。一旦は購入をスルーしたトートバッグをすぐに買いにいき、まだガラガラのブリーフィング会場にいくと、ズバリ鏑木さんがいるではないか!並んでいる人も10人そこそこ。まさに「知る人ぞ知るサイン会」(笑)。見事に鏑木さんとのスリーショット&サインをGET!「楽しむ勇気」というメッセージ入りなのがだいぶ嬉しい。ブリーフィングの参加をやむなく次回に回したことが吉と出ました^^

 

 

 

 

 

 

 

▼「楽しむ勇気」。鏑木さんらしいメッセージ。うぉぉー楽しむぞーー!って気になります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

▼ようやくブリーフィング開始。僕らが受けたのはこの日2回目のブリーフィングでした。1回目は松本さんと鏑木さんのダブルプロデューサーがわいのわいのやっていましたが、2回目は鏑木さんのみ。松本さんは38㎞カテゴリーのブリーフィングのために野反湖へ。

 

 

 

 

 

 

▼ブリーフィングを終え、ブリーフィング会場から各宿泊エリアまではバスで移動。今回僕らは「日向見温泉」という会場からは一番遠いエリアまで移動。40分ぐらいバスに揺られる。

 

 

 

 

 

▼日向見温泉街。…なんですが、特に温泉街というレベルにはあらず^^;まぁ安かったので別にいいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

▼宿の目の前に無料の温泉がありましたが、なんと15時で終了。宿にも温泉あったので特に問題はなかったけども。

 

 

 

 

 

 

▼今回の宿は「中生館」。スパトレイルの指定宿はいろいろあるけど、金額もピンキリ。高いところだと一人一泊15,000円ぐらいですが、ここはその中でも最も安い部類の宿。二人で15,000円也。なにげにWi-Fi完備。ご飯が食えて寝れればいいのです。そして、相部屋ではなく、二人部屋を取れたことも大きなポイント。やっぱり気が楽ですからね。

 

 

 

 

 

 

▼チェックイン後、夕食の18時まで時間があったので、これまた宿の目の前にあった足湯へ。去年は四万温泉に入ったのですが、湯の温度が熱過ぎてもはや入ると火傷するレベル(笑)今年はどうかな、と足を突っ込んでみると、当たり前ですが、今年も熱い!!熱すぎる!!1秒と浸けていられない。10分ぐらいかけて慣らしながらビビりながら恐る恐る足入れたけど、やっぱり熱い。

 

 

 

 

 

▼足湯の隣にあったこの作品。なんて書いてあるかといいますと、
「我が子と入る 初めての温泉は 四万温泉に決まりだね」
…いや、子供をこの熱湯に入れてはあかん。全身火傷。

 

 

 

 

 

 

 

▼そんなこんなで30分程ひたすら足湯と”格闘”。

 

 

 

 

 

 

 

▼このエリア唯一の見所なのではないかと思われるものがひとつ。重要文化財がありました。からぶき屋根の建物。うん、これは趣がありました。

 

 

 

 

 

 

 

▼足湯を終えて、ちょうどよく腹も減ってきたので宿へ戻り…

 

 

 

 

 

 

▼とりあえず今年の参加賞Tシャツを着て記念撮影(笑)ブラックなのはいいけどちょっとデザインがシンプル過ぎたなー。スパトレイルのロゴ入れてほしかった><

 

 

 

 

 

 

 

▼夕食。THE・和食。ご飯おかわり自由。めちゃくちゃ美味しかったかというと、普通だったけど笑、ご飯2杯おかわりして、たらふく食べたのでとりあえずエネルギーチャージは十分。

 

 

 

 

 

 

▼夕食を終えて、あとは風呂入って寝るだけ。「明日はこれで!」の撮影を終え笑、20時過ぎには就寝zzz

 

 

 

 

 

 

前日はこんな感じで楽しく過ごしました。本当はもっと温泉宿、温泉街を満喫したかったけど、まぁ安い宿を選んだのでこれは致し方なし。来年はスタート会場に近いところをすぐに予約します!

個人的にはやっぱり鏑木さんのサインをいただけたのが前日では一番テンションあがりました。鏑木さんも(仕事とはいえ笑)嫌な顔ひとつせず、写真とサインに快く応じる姿は、なんだか気持ちの良いものでした。

「楽しむ勇気」

なんだか元気をもらえる言葉です。

 

それにしても、寝た時点ではまだ雨降ってなかったんだけどなぁ。。

LINEで送る
[`evernote` not found]

RACE, TRAILRUN

Posted by yamazaru