【プレイバック2018①】山猿の2018年参加レース全まとめ(前編:1月~6月)

2019年1月12日

LINEで送る
[`evernote` not found]

あけましておめでとうございます。

本来であれば2018年中に書いておきたい記事でしたが、年末に「走り納め!」と思って行った高尾トレランで盛大に昨年一の捻挫をしまして、それ以降大晦日まで体調不良となっておりました。

元旦の今日は体調不良こそ回復したものの、捻挫は捻挫なので足首はテーピングでぐるぐる固定中…。走りたくてもさすがにまだ安静中です。

二年連続最後の最後に(大きめの)怪我をしましたが、2018年もたくさんのレースに参加し、それなりに山にも行きました。

備忘録として一言コメントとともに振り返っておきたいと思います。

まずは参加レースの「前編(1~6月)」から。

 

 

カテゴリー&距離別で分類

 

まずはカテゴリー&距離別で参加レースを分類。

 

【ロード】:計6本
10㎞×1(トライアスロンリレー)、ハーフ×1、フル×3、ウルトラ×1

【トレイル】:計7本
50㎞以下×2、50‐100㎞×2、100㎞以上×3

【ロゲ/オリエンテーリング】:計2本
フォトロゲ×1、オリエンテーリング×1

 

こうしてみると、ロードも意外と出てますね。

基本はトレイルがメインではありますが、自分の走力確認のために定期的にフルマラソンには出ていきたいと思っています。それと、今後、年一回でウルトラマラソンにも引き続き挑戦していきたいなーと。あれはあれでなかなか奥が深い。

ロゲとオリエンテーリングについても、これはこれで今後もっとのめり込んでいくことでしょう(笑)普通に楽しい。難しくて楽しい。

トレイルはお陰様でロングレーサーになってきました。2018年は一応すべて完走しましたが、この”100㎞以上”にはまだ”100マイル”は含まれていません。100マイルは少し前にご報告の通り、今年いよいよ挑戦します。

【報告】ついにここまできた!「UTMF(ULTRA TRAIL Mt. FUJI)2019」挑戦権獲得!

 

 

プレイバック(1~6月)

 

レポートを書いていないものもいくつかありますが、インスタには挙げていたので、そっちを載せます。まずは2018年前半の1~6月。

 

1月

勝田全国マラソン

サブ3.5を狙った勝田マラソン。実は2017年の年末にけっこうな大怪我をして、そこから1ヶ月後のレースでした。怪我の後遺症で体の痺れなんかに悩まされていたのですが、まずもってよく走ったなと思います(笑)しかも、走り出したらアドレナリンが出たのか、結果もついてきたっていう。レース終盤には小雪が舞う「極寒の勝田」の記録。

【フルマラソン参戦記①】第66回勝田全国マラソン「君よ、勝田の風となれ。」(2018年1月28日)

【フルマラソン参戦記②】結果報告&振り返りアレコレ「第66回勝田全国マラソン」(2018年1月28日)

 

 

 

 

 

 

 

2月

爆雪ラン(記事なし)

これは興味本位で参加した大会。以前「爆水ラン」というレースに出たことがあって、これはその名の通り、「川を走る(途中泳ぐ)レース」なんですが、それにインスパイアされて開催されたレース。松本大さんプロデュース。

予想よりも全然雪が積もらず、主催者が期待していた”爆雪”にはならなかったのですが、それでも一面銀世界のフィールドであることは変わらず、いわゆる”スノーラン”を経験することができました(スノーランといっても、シューズは普通のトレランシューズ)。

調子乗って初っ端飛ばしたこともあるけど、これがめっちゃつらかった(笑)雪国でランしてる人、ほんと尊敬します。

View this post on Instagram

今日は爆雪ラン@嬬恋。一面雪のゴルフ場を2.5km×3周。たかだか7.5kmだとなめてたら、めちゃ辛かった…😅参加者少なめで結構上位いけるかもと密かに企んでましたが、辛くて一周目早々にファンランに切り替え(笑) コース上はさすがに多少踏み固まってましたが、ちょっとコースをはみ出せば(←主催者容認w)そこはパウダースノーパラダイス❄️初スノーランが楽しくて調子乗ってたら、下りで一回派手にこけて、漫画のような顔面ダイブかましました。楽しかったです。 女子2人はちゃっかり表彰台入りで「自動みそ汁マシン」をGET㊗️ いろんなランがあるもんだ。 #爆雪ラン #パウダースノー #スノーラン #ランニング #スノーシューズは禁止

A post shared by DOPAN@4/26UTMF (@dopan0721) on

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月

静岡マラソン

1月の勝田で無事にサブ3.5が達成でき、そのときのタイムが3時間20分ちょっとだったので、調子に乗って静岡の目標は思い切ってサブ3.15に置きました。これもびっくり達成できちゃったんですが、これは完全に実力出し切りました。ゴール後に股関節が攣って悶絶祭り(笑)

元々のフルの記録は数年前に出した「ギリギリサブ4」。そこから数年フルマラソンから遠ざかって、去年久々にフルマラソンにエントリーしたわけですが、ギリサブ4ランナーが、サブ3.5→サブ3.15とトントン拍子に達成できたのは、フルから遠ざかってた数年間、トレランで楽しんで走ってたおかげです。トレランってすばらしい。

【フルマラソン参戦記①前日編】今年2本目!「静岡マラソン」(2018年3月4日)

【フルマラソン参戦記②結果報告&分析】「静岡マラソン2018」~サブ3.5の勝田マラソンと比較してみた~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月

青梅高水山トレイルラン(23㎞)

山猿家のトレランシーズン開幕を告げる毎年恒例の青梅高水。4年連続の参戦となりました。レース途中でもらえる”獅子鈴”が、2人×4年なので、計8個家にあります。

結果は37秒しか更新できず。トレイルのショートでここから一段レベルを上げるには、ロングディスタンスで求められる「長く動き続けられる体づくり」とは別アプローチが必要なことを痛感。高負荷の心肺トレーニングと筋力アップがレベルアップの鍵だと思うけど、トレイルランで1分1秒求めるのも、うーんなんだか好きではないしな…。うん、ショートレンジでの上位進出は諦めよう(笑)

【トレランシーズン開幕!】今年もやってきました「第20回青梅高水山トレイルラン&TOAD(Trail Open Air Demo)」(2018年4月1日)

【レースレポート】「成長」は見られたか?37秒のPB更新を徹底解剖!「第20回青梅高水山トレイルラン」(2018年4月1日)

 

 

 

 

 

 

富士五湖ウルトラマラソン5Lakes(118㎞)

初めてのウルトラマラソン。エントリーした理由は、相方がこの4月のSTY(92㎞)に参戦することが決まっていたため。僕はそれに外れたので、同等距離のレースを完走しておかないと示しがつかん!という理由(笑)

かつ、相方の92㎞に対して100㎞だと、”たいして変わらない” …というかトレイルのほうが負荷が高いので「負けじゃん」ということになるので、それでも示しがつかん!ということで、118㎞にエントリーしました。

当日は本当に暑くて、エイドごとに被り水必須。途中で熱中症気味のランナーがバンバンリタイアしていく中、塩分補給を意識的にしたことにより、なんとか脱水症状は免れました、

が、当初の目標タイムには遠く及ばず、むしろ制限時間に対してけっこうぎりぎりでのフィニッシュとなりました。悔しいのでウルトラはまた出ます。

【初ウルトラエントリー】富士五湖5LAKES 118km

【作戦会議①】「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(118㎞)」完走に向けて

【作戦会議②】「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(118㎞)」完走に向けて(補給編)

【緊急会議】いきなり真夏日とかほんとやめてくれ。暑さにビビって「脱水症状」についての基本を押さえておく。(富士五湖ウルトラマラソン118㎞)

【参戦記①】ウルトラマラソンはしんどかった!でもまた出る!「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 5LAKES 118km」(2018年4月23日)

【参戦記②】レース前に僕を襲った”事件”の全貌を振り返る 「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 5LAKES 118km」(2018年4月23日)

【参戦記③】レースを「3つの切り口」から振り返る「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 5LAKES 118km」(2018年4月23日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月

横浜トライアスロン(記事なし)

トライアスロンとはいってもリレーです。僕はランパート担当で距離は10㎞。目標は完全に”なんとなく”だけど、40分切り!!つまり平均ペースは4㎞/分!!そんなペースで10㎞走ったことないし、このレースに向けて何度かキロ4で走ったけど10㎞はやっていない(やっていないというか10㎞到達する前にバテた笑)。

そんな状態で臨みましたが、これはそう、「リレー」!「タスキを繋ぐ」のです!普段一人で走っているときとは違うエネルギーが生まれてくるもんなんですね。結果、ペースの浮き沈みはあれど、40分切りをなんとか達成(ほんとギリギリ)。チームとしても、なんと男女混合2位で表彰台獲得。

これ距離は短いけど、今年の中でもけっこう頑張ったレースでした。ちなみに今年も出る予定。優勝目指す!

View this post on Instagram

ゴール直前、待っててくれた仲間とハイタッチ‼︎🤚 結果は、リレー男女混合の部、見事2位入賞‼︎ 小学生以来の表彰台⁈笑 レース中自分の順位まったくわからずに走ってましたが、ゴール後に「2位!」との嬉しい報告😳個人的にも、目標にしてた4'00/kmペース(ラップはバラバラですが)ギリギリ…というかジャストでなんとか達成😅 元々距離が少し短いらしく38分台とかになってますが、あと400mなら39分台で帰れたはず。10km40分切りだぜ。…やればできる笑。 インスタ繋がりで@h_h.ii さんや @mmfuna さん、そして前職の先輩にもお会いできて、出会いも満載の充実した1日となりました。リレーも楽しいですね!そして横浜トライアスロンの雰囲気は本当に最高でした。ずーっと応援応援応援。そりゃキロ4もいけますわ🤙 #横浜トライアスロン #トライアスロン #混合リレー #2位入賞 #応援の力 #ラン担当 #🏊‍♂️🚴‍♂️🏃‍♂️ #チーム山猿 #regionalsports #かとすい

A post shared by DOPAN@4/26UTMF (@dopan0721) on

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月

スパトレイル(72㎞)

2018年で一番思い出深いレースかもしれません。2016、2017と2年連続でDNF。3年目に架ける想いは相当なものでした。

2016年は全く歯が立たず、走りながら悔し涙を流した相方を見ました。2017年は過呼吸になりながらも関門を目指して走る相方を見ました。それでもたどり着けなかったフィニッシュゲート。そして、満を持して臨んだ3年目。

スパトレイルは、相方をここまで成長させた原動力といっていいレース。一人で走ったら完走はきっと余裕だったけど、なんとしても二人でフィニッシュゲートをくぐらなければいけなかったレースでした。

3年間のスパトレイルへの挑戦を通じて個人的に印象に残っているのは、2016年よりも2017年、2017年よりも2018年、と相方の周りに「応援してくれる仲間」が確実に増えていったこと。それは常日頃から「一緒にトレーニングを積んでいる仲間」なのだけど、仲間の力ってすげーな、と思った思い出深いレースです。

【参戦記:因縁のレースを控えて】「3度目の挑戦」第5回スパトレイル 四万to草津 2018

【完走記①:悲願達成】「完走率52.7%!灼熱のスパトレイルを振り返る」第5回スパトレイル 四万to草津 2018

【完走記②:番外編】鏑木毅・松本大プレゼンツ「コース中の全メッセージボードを振り返る」(第5回スパトレイル 四万to草津 2018)

【完走記③:完結編】過去の「関門通過時刻」と「ラップタイム」を全比較。「何が強くなったのか」を明らかにする(第5回スパトレイル 四万to草津 2018)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品川・大井スポーツの森ハーフマラソン

なんでいきなりハーフ?てな感じですが、友人で「なんかちょっと走りたいんだけどフルまではやりたくない」というやつがおり笑、年に1回ハーフに参戦しています。

ハーフもとりあえずの目標としていた、サブ1.5は2017年に達成していたので、このレースでの目標は「PB更新」。結果は練習不足と暑さにやられて撃沈。…でしたが、ローカル大会よろしく3位入賞!普通に嬉しかった(笑)

今年もローカル大会を狙ってエントリーしようと思います。

【実は明日はハーフマラソン】第11回≪東日本大震災復興支援ラン≫品川・大井スポーツの森大会(2018年6月2日)

【結果報告】3位入賞!…も惨敗。教訓は「基本はすべてネガティブスプリット!」(第11回品川・大井スポーツの森 ハーフマラソン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は「後編(7~12月)」を振り返ります。

 

▼後編はこちら

【プレイバック2018②】山猿の2018年参加レース全まとめ(後編:7月~12月)

LINEで送る
[`evernote` not found]