【プレイバック2018②】山猿の2018年参加レース全まとめ(後編:7月~12月)

LINEで送る
[`evernote` not found]

前編に引き続き、プレイバック後編(7~12月)いきます。

▼前編はこちら

【プレイバック2018①】山猿の2018年参加レース全まとめ(前編:1月~6月)

 

去年は後半もなかなか充実したトレランライフでした。どれも距離が長くてつらかったけど(笑)

それではいきましょう。

 

7月

参戦なし(※7月は登山に行きました)

 

8月

野沢トレイルフェス(28㎞)

年に数本参戦するショートレース。トレランビギナーな友人なんかを含め、旅行がてら参加するのですが、これが結構楽しみだったりします。(旅行がてらといっても日帰りでしたが笑)

コースは基本下り基調の楽しいレースでした。(30km弱がショートレースという位置付けになったのだから成長したもんです)今年は何に出ようか、誰を誘おうか、考えるのが今から楽しみ。

【レースレポート】「Run happy! Ride happy! 野沢トレイルフェス2018」(2018年8月4日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月

上州武尊スカイビュートレイル120(129㎞)

前半のスパトレイルと並び、2018年の本命レースとなった上州武尊120k。これまでの最長距離であり、100マイルを目指すに当たって、避けては通れないレース。

実際129kmなんだから「130k」でいいじゃん、と100回ぐらい思いながら、なんとか129kmを完走しました。人間やればできるもんだなーと感じるとともに、久々に味わった「達成感」はクセになります。

いろんなことがあったので、いろんな切り口で記事にしたらレポートが膨大になりました(笑)

【参戦記①】「129㎞ – 未知なる距離への挑戦を目前にして」(上州武尊山スカイビュートレイル120k)

【参戦記②】「結果報告」:上州武尊山スカイビュートレイル120K(2018年9月23・24日)

【参戦記③】「装備チェックにて”焦る”の巻」:上州武尊山スカイビュートレイル120K(2018年9月23・24日)

【参戦記④】「序盤の難所”剣ヶ峰&武尊山”と”泥沼スライディング”」:上州武尊山スカイビュートレイル120K(2018年9月23・24日)

【参戦記⑤】「レースとは山あり谷あり」:上州武尊山スカイビュートレイル120K(2018年9月23・24日)

【参戦記⑥】「ナイトパートと幻覚」:上州武尊山スカイビュートレイル120K(2018年9月23・24日)

【参戦記⑦】「持参した行動食はどれだけ消費したか&まとめ」:上州武尊山スカイビュートレイル120K(2018年9月23・24日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月

富山マラソン

上州武尊とFTRというロングトレイルレースの狭間に開催された富山マラソン。メインはトレイルなので”ロードで怪我をしたくない”という心理が働き、フルに向けた調整はほぼできず(というか行わず)。

そんな弱気な心理が影響してか笑、当日はレース終盤に腹痛が発生。ジ・エンド。

レース後に参加した富山インスタランナーの皆さまとの打ち上げが大変に良き思い出となっております。

【フルマラソン参戦記①】今年3本目!「富山マラソン2018」(10月28日)

【フルマラソン参戦記②結果報告】撃沈!富山マラソン2018(10月28日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)(記事なし)

「山の総合力」を試されるオリエンテーリング競技。本場OMMはイギリス発祥ですが、2014年から日本でも開催されています。

一言、これは「トレランとは全く別物!」です。地図読み(地形図読み)ができないとまったく戦えません。毎年開催場所が変わるのですが、今回のフィールドは愛知・奥三河。噂によると過去最高難易度だったとか。真の「ナビゲーションスキル」が試されるレースでした。

案の定、そのようなスキルは皆無に等しかったので、木っ端微塵に撃沈。開催場所に拠りますが、必ずリベンジしたい。悔しい。挑戦心をくすぐります。

 

View this post on Instagram

※カエル嫌いな人は2・3枚目絶対見ちゃダメ!🐸 OMM day1終了!晴天に恵まれたものの地図読みスキル足らず見事に撃沈!OMMの洗礼を受けました。10個あるポイントのうち4個目で早々にタイムオーバー💦(T.O後もフィニッシュ地点まで自力帰還で15kmロード…) この競技、走れるだけではまったく歯が立ちません。うーん、これは難しい…。picはスタート時のもの。スタート直前に地図が配布されるのです。(※「ストレート」というカテゴリーの場合。「スコア」はプランニングが必要なのでもっと前に配布されるはず) ふてぶてしいカエルに今日はバカにされましたが、(掴んだらおしっこかけられた😑)、明日もあるので頑張ります💪🏼 #originalmountainmarathon #omm #ロゲイニング #オリエンテーリング #奥三河 #トレラン #トレイルランニング #蛙

A post shared by DOPAN@6/23スパトレイル72k (@dopan0721) on

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FTR100(102㎞)

2017年、無念のレース中断から一年。僕だけでなく多くの人にとって「リベンジマッチ」でした。なかなかハードなコース設計と案の定の睡魔により、大ロストなんかもかましつつ、念願のフィニッシュにたどり着きました。

このレポはこれまでのレースレポとは異なり、ストーリー仕立てで書いてみました(本文途中から)。100kmの旅の”珍道中”に興味ある方は是非ご一読を。(※長文です)

【参戦レポート】「FTR100k」- 27時間43分 100㎞の旅の記録(2018年11月16日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月

房総半島横断トレイル ~coast to coast~(68㎞)

2年連続となる年内走り納めレース。相方とは”別行動”のレースで、ある意味自分の実力を試せるなにげに楽しみなレースでもあります。

結果は去年よりタイムも順位も上がり成長を実感できたレースとなりましたが、それ以上にレース中にお会いできたトレラン仲間(といっても会うのは2回目)とお互いに引っ張り合えたのが楽しかった。

【参戦レポート①結果報告】去年より成長!「~coast to coast~ 房総半島横断2018](12月16日)

【参戦レポート②レース振り返り】ロードと林道と木段と…「~coast to coast~ 房総半島横断2018](12月16日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年もいろいろなレースに出ると思いますが、大本命は「UTMF」。前半はこれに集中します。そのあとは一旦”もぬけの殻”になってから笑、信越五岳のロングレース(100㎞か100マイルかは体と相談)に向けて、また準備。

やれ100㎞だ、やれ100マイルだ、なんて感じになっているので、だんだん”ガチ度”が突き抜けてきちゃってますが、本当はトレランやってみたい人とかを誘って、みんなでワイワイショートレース楽しむ、なんてのも年に数回はやりたいんですよね。

ロングディスタンスへの挑戦は「自分と向き合うこと」が主ですが、僕としては、トレイルランニングの楽しさをいろんな人に知ってもらいたい、ということを実は強く思っていたりするので、そっち系の企画も何個かやっていきたいなーと思います。

なにはともあれ、2018年もよく走った!

今年も走るぞー!

LINEで送る
[`evernote` not found]