【参戦記:因縁のレースを控えて】「3度目の挑戦」第5回スパトレイル 四万to草津 2018

2018年7月15日

LINEで送る
[`evernote` not found]

いよいよ来週となりました。

四万温泉から草津温泉までをつなぐ72㎞の旅路。

 

「スパトレイル」

 

 

 

 

 

 

 

 

今回が3度目の参戦となりますが、僕たち夫婦の中でこの72㎞のトレイルジャーニーはまだ完結していません。

 

 

 

 

 

 

今回は至極個人的な内容ですが、このレースに臨むにあたっての今の”心境”を書き残しておきたいと思います。

 

3度目の”挑戦”

 

先程「3度目の”参戦”」と書きましたが、実際のところは単なる「参戦」ではなく「挑戦」になります。なぜなら、2年連続でDNFしているから。

このDNFはケガなどではなく、2回ともに関門アウトです。2年連続「世立八滝」の特設関門で足切りとなりました。さまざまなトレイルレースに参戦して、去年はトレニックワールド100kも完走した上で臨みましたが、越えられそうで越えられない壁として、「世立八滝」が立ちはだかっています。

去年のレースレポートを読み返してみましたが、去年、そして一昨年の情景がありありと蘇ってきて、「今年は何が何でも完走したい!」という想いがめちゃくちゃ強まってきました。

(番外編も含めてスパトレイルだけで8本も記事を書いてました…^^; それだけ”心に占める割合”が大きなイベントなんでしょうね笑)

 

相方の話ですが、

初参戦の一昨年、途中で関門アウトがわかって、泣きながら特設関門までの数キロを走りました。

リベンジに燃えた昨年、最後は過呼吸になるぐらい追い込んだけどそれでも力及ばず、回収されてゴール会場に向かうバスの中で静かに悔し涙を流しました。

 

一人で走っていたら完走はできていると思いますが、このレースは「二人で完走することに意味があるレース」なんですよね。いろいろありまして。

足掛け3年のロングジャーニーになりましたが、今年はいよいよ自分たちの足でフィニッシュゲートをくぐれるんじゃないかなと思っています。

 

今年はいける。相方の進化。

 

とにかく”相方次第”のこのレースですが、その相方についてもう少し書いておきます。

この3年での相方の進化について。

 

まず一昨年から昨年にかけて、相方は「おたまじゃくし」から「カエル」になりました。

そして昨年から今年にかけて、相方は「カエル」から「亀」を経由して「亀テポドン」となりました(笑)

 

「えら呼吸」から「肺呼吸」への進化を経て(元競泳選手)、今年はなんだかよくわからないけどいきなり「ターボエンジン」を手に入れて、爆発的に走力がアップしています。

昨年までは”亀さんランナー”の名にふさわしい「着実に、でもゆったりとした」成長スピードだったのに、今年になってからの成長曲線がやばくて、正直ドン引きしています。

このレースを無事に完走できたら、亀さんランナーは「卒業」になるようです(笑)次は、「亀テポドンランナー」ですね。言いづらい…

 

でも、お蔭様で「今年は絶対に完走できる」という自信があります。この自信の裏付けとして、先日の「STY完走」もあります。今年は間違いなくいけるでしょう。

 

あとは残り1週間のコンディショニングが大事。

体はいまから追い込んでも仕方ないので、疲労抜きに徹する。運動量が減る分、体重が増えないように食事には普段以上に気を遣う。あとは、心安らかにメンタル面を整える。

平日は仕事もあるので、3つ目はなかなかパーフェクトにはできないと思いますが、個人的に一番重要なのは3つ目かなと思っています。

これまでの相方をみると、おそらく数日前から緊張してきてナイーブになってくるはずなので笑、それを踏まえた日常生活を心掛けようと思います(笑)

 

 

で、自分自身は大丈夫か⁉

 

人のことばかり気にしてるけど、テメーは大丈夫なのか⁉、とそろそろ突っ込みが入りそうなので一応自分自身のことも書いておきます。

 

えーと、

 

「たぶん、大丈夫。なんとかなる。」

 

 

僕はいつもこんな感じです(笑)

富士五湖ウルトラ以降、最近長い距離を走ってないのでそこだけちょっと気がかりですが、今のところケガもなく、違和感のある箇所もなく、体重も少しずつ落ちてきました(最近少しオーバー気味でした)。

すこぶる元気であります。

 

亀テポドンの足を引っ張らないように楽しんで走りたいと思います。

 

 

※ちなみに今回のレースの向けた「準備(特に補給)」については、最近アスリートフードマイスターの勉強を始めた相方のブログが非常にわかりやすいのでこちら↓をご参照ください(笑)

 

【レースレポート】スパトレイル72k(2018)-リベンジマッチその2・準備編②-

 

 

 

「楽しむ勇気」

 

鏑木さんの言葉です。

本当に大好きな言葉。

トレイルランニングのすべてが凝縮されている気がします。

去年、スパトレイルの会場で鏑木さんにサインをもらいました。来週はこのトートバッグに荷物を詰めていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はとにかく「楽しむ」こと!これに尽きますね!

 

今年は「嬉し涙」を流せますよーに!!

 

 

今回無事に相方とのスパトレイルを「卒業」できたら、来年は単独で走ろうかな。

 

▼スパトレイル関連記事

【完走記①:悲願達成】「完走率52.7%!灼熱のスパトレイルを振り返る」第5回スパトレイル 四万to草津 2018

【完走記②:番外編】鏑木毅・松本大プレゼンツ「コース中の全メッセージボードを振り返る」(第5回スパトレイル 四万to草津 2018)

【完走記③:完結編】過去の「関門通過時刻」と「ラップタイム」を全比較。「何が強くなったのか」を明らかにする(第5回スパトレイル 四万to草津 2018)

 

 

▼昨年の参戦記はこちら。

【エントリー完了】第4回SPA TRAIL 四万to草津 ‐ リベンジレース‼

【準備編】いよいよ明日!!「第4回スパトレイル 四万to草津 2017」(SPATRAIL Shima to Kusatsu)

【参戦記①総括】二年連続56.7㎞のDNF。走り終えて思うこと(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記②番外編(1)】大会概要から感じた諸々(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記③番外編(2)】コース中のメッセージ全公開!(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記④番外編(3)】ベスパ斎藤氏「補給プチ講座」の内容を共有!補給における「コーラ」の是非について(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記⑤前日編】楽しかったレース前日を写真で振り返る(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

【参戦記⑥当日編】いよいよリベンジ当日!結果はいかに⁉(第4回スパトレイル 四万to草津_STSK72_2017年6月25日)

 

LINEで送る
[`evernote` not found]