【参戦記①】「129㎞ – 未知なる距離への挑戦を目前にして」(上州武尊山スカイビュートレイル120k)

2018年10月7日

LINEで送る
[`evernote` not found]

距離129km

累積標高9200m

制限時間35時間

 

「上州武尊スカイビュートレイル120」、別称「山田昇メモリアルカップ」。

 

 

いよいよやってきました。

久々にどデカイチャレンジを目の前にして、ワクワクしております。

累積標高9200mは物理的にもほんとにどデカイ。

富士山の2.5倍の高さって考えるとなかなかシビれます。

 

 

開き直ったので不安はありません。

 

少し前までは正直不安の方が大きかったんですが、直前になっていい意味で開き直ってきました。

開き直るというかまぁ、そもそも市民ランナーだし、チームスポーツでもないので戦う相手は自分だけだし、誰かの想いを一心に背負っているわけでもありません(笑)なので、そもそも何も気負う必要がないよなっていう気づき(^_^;

不安に感じてたのは単純に「完走できるのか…?」という類のものでしたが、それも、今回は故障が一切なくどこも何も痛くない(万全ではないですが)ことに加え、エイドの多さをみて、不安は吹き飛びました。

エイドに関しては、場所によってはエイド間の距離が10km以上のところもありますが、半分以上は10km未満で次のエイドが出現します。これはありがたい。

 

「次のエイドまで頑張ろう」という気持ちが“もつ距離”ですね(笑)

それと、去年の自分の参戦記を読み返してみたところ、「エイドが充実し過ぎてて持っていった行動食が半分以上余った」と書いてありました(笑)そういえば確かにそうでした。

武尊はエイド毎のメニューがめちゃくちゃ豊富なんでした。逆に食べ過ぎ注意なやつです。

ロングトレイルでは胃腸がやられると補給ができなくなってキツイのですが、僕は幸いにも胃腸が強いほうなのか、これまでも「胃腸が弱って食べれなくなった」という経験がありません。(おそらくもっと早いペースでガツガツ攻めたらやられるんだろうなとは思います)去年もたらふくいただきましたが、今回もすべてのエイドで美味しく食べれますよーに!

 

なにがなんでも完走したい

 

参加するからにはやっぱり完走したい。

未知の距離なのでどうなるかわかりませんが、これを完走できれば「100マイル」が一気に現実味を帯びてきます。

ゆくゆくはUTMFやUTMB(UTMFは来年か⁉)、そして世界中のロングトレイルを走ってみたい!という夢があるので、今回の武尊もあくまで通過点です。

…が、まずは今回のレースを完走できたら、これまでとは一味も二味も違う「達成感」や「充実感」を得られるという確信がある。

去年の75kmも、トレニックワールド100kも、今年走った富士五湖ウルトラ118kmも、どれも達成感はありましたが、今回はそのどれよりも難易度が高いコース(つまり、一番辛いコース)なので「達成感」の次元がまた違うと思うのです。それを味わいたい。どんな気持ちになるのか。

この「達成感」、トレランやっている人はよくわかると思います。この感覚を味わっちゃうと、もうロングトレイルから抜け出せなくなりますね。

 

今日のブリーフィングで大会プロデューサーの横山さんも言ってました。

「つらくなるタイミングは必ずくる。それが来たときに是非踏ん張って欲しい。」

そう、必ずくるんです。129㎞も動くんだから当たり前だけど。

つらくなってからが勝負、というのがロングトレイルの世界であり、むしろそれが醍醐味だったりします。

つらい、もう無理かも、DNFしようかな。

それを乗り越えた先に「かけがえのない達成感」が待っていることを、僕もこれまでの経験で少なからずわかってきました。もっと大きな達成感があるであろうことも、もちろんわかっています。

無理は禁物ですが、どんなに辛くても、パワーアップした相方とともに、いけるところまでいきます。

 

道中ヒーヒー言いながらも、ゴールした数時間後には次のレースを探しているんだろうな(笑)

 

まさに病みつきです。

トレランドラッグ、喜んで。

 

「最高に辛いけど、最高に楽しい。」を言えるように。

 

「最高に辛いけど、最高に楽しい。」

 

これが僕がトレラン後(特にロングトレイル後)に毎回言っている感想です(笑)おそらく今回も同じことを言うかと思いますが、この感想が言えたときは無事にゴールができたとき、ですね。

相方の膝の具合が心配ですが、なんとしてもゴールして、また一段変態への道をステップアップしたいと思います。

楽しむことを忘れずに、相方と一緒に笑顔でフィニッシュゲートをくぐれるように頑張ります。

 

 

とりあえず、昨日仕事のスケジューラーをみて、休み明け火曜日の朝一にアポイントを入れていたことを思い出して愕然としたことを除き、ここまでは心身ともに順調です(笑)

そして、キャプチャの写真はいまのこちらの空!素晴らしい天気!

 

あとはこの後、ご飯食べてぐっすり眠るだけ!

では!

 

 

▼昨年の上州武尊70K参戦記はこちら。

【エントリー完了】世界的登山家・山田昇に敬意を込めて「上州武尊山スカイビュートレイル70(9月23日)」

【テーパリング】上州武尊スカイビュートレイル70kまであと5日。レース一週間前の過ごし方。

【参戦記①総括】上州武尊山スカイビュートレイル70k ~「えぐい」と噂のレースは「やっぱりえぐかった」~(2017年9月23日)

【参戦記②レースレポート】前日~スタート前「上州武尊山スカイビュートレイル70k」(2017年9月23日)

【参戦記③ レースレポート】いよいよレース本番。スタート~A3「上州武尊山スカイビュートレイル70k」(2017年9月23日)

【参戦記④ レースレポート】A3(18.2㎞)~フィニッシュ(75㎞)「上州武尊山スカイビュートレイル70k」(2017年9月23日)

 

LINEで送る
[`evernote` not found]