【レースレポート②】いまさらレースの「つら度(難易度)」を分析してみる(トレニックワールド 100km in彩の国)

LINEで送る
[`evernote` not found]

いきなりこんなトピックスですみません(笑)

でもこれはやはり記しておかないと!

 

今回のレースの「つらさ」をあの手この手で書き連ねます(笑)

 

完全主観ですが、レース難易度としては「★★★★☆」。

 

「しんどかった」です!(笑)

 

正直なところは余裕で「★★★★★」なんですが、今後いつかチャレンジするであろう「100マイル」を控えている身としては、ここで★5つをつけてしまうと、もはや100マイルに参加する資格がなくなってしまうので、★4つです(笑)

 

(でも意外と元気で楽しかった、その理由は?って話はまた別記事で)

 

「どうしんどかったか」と言われると、それはまぁいろいろあるのですが、今回は仮に「つらさの度合い」=「つら度」として、ちょっと分析してみたいと思います。

(「つら度」ってなんだよセンスねーな、というクレームは受け付けません。)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「つらさ」を語ることで、決して何かの言い訳をしたいわけではありません(笑)

今回のレースを客観的にみて、このレースがどの程度の難易度であり、それをなぜ元気に走りきれたのか?を、しっかりと振り返っておくことで、今後まだまだ挑戦するであろうロングレースにおいて「あのレースを完走できたんだから大丈夫!」という確固たる自信に繋げたい、というのが真の理由です。

 

 

トレニックワールドの「つら度」

 

 

 

 

 

というわけでまず、「つら度」をみていくにあたり、トレニックワールド100kmの「距離」「累積標高」をおさらい。

HPに載っている公式発表では以下の通り。

距離  :  106.0km (※本当は108㎞だそうです)
累積標高(以降「D+」):5,945m

 

ちなみに累積標高に関していうと、相方のGPSウォッチ(EPSON MZ-500)ではゴール後「6,900m」となっておりました!

どっちが正しいのかわかりませんが、走った当事者としては「6,900m」ぐらいの辛さはあったのではないかと…

 

今回の「つら度」ですが、仮の指標として「累積標高を距離で割った値」を算出してみます。

 

つまり、

累積標高5,945m ÷ 距離106km =【56.08】

 

この【56.08】が「つら度」の値です。

 

ちなみにGPSウォッチで計測された「6,900m」で計算すると、

累積標高6,900m ÷ 距離106km =【65.09】

となります。ご参考までに。

 

他レースとの「つら度」の比較

次に比較として、国内の他の100㎞以上のレースでもいくつか「つら度」を算出してみます。

<100㎞>

  • FunTrails100K 秩父&奥武蔵 : D+5,560m ÷ 110km =【50.54】
  • OSJ おんたけ 100 : D+4,850m ÷ 99.8㎞ =【48.59】
  • 信越五岳トレイルランレース2016 : D+3,400m ÷ 100.8㎞ =【33.73】
    ※2017は D+4,670m ÷ 110㎞ =【42.45】

<100マイル>

  • OSJ KOUMI 100 : D+8,510m ÷ 166.6㎞ =【51.08】
  • UTMF 2015 : D+7,180 ÷ 168.9km =【42.51】
  • OSJ おんたけ 100マイル : D+6,090m ÷ 150.9km =【40.35】

(※各大会の距離と獲得標高は「ITRA登録レース一覧表」から参照)

 

どうでしょう。

 

簡単にいうと、「つら度」の値が高いほど「距離に対する獲得標高が大きい」ということです。

関門時間の設定や開催時期、当日の気候などにより条件は異なるので一概にはいえませんが、「距離」と「累積標高」という2つの観点でのみ比較した場合、ポイントが高いほど、要は、たくさん登らされて「つらい」コースだということ。

 

※100マイルは、100㎞とは別次元のつらさがあると思うのであくまで参考です。

 

とにかくここで言いたいのは、

 

100㎞のカテゴリーにおいては、他のレースを押さえて「トレニックワールド100㎞」が堂々の第一位ということ!(笑)

 

各レースの「完走率」の比較

上記「つら度」を証明するデータとしては、やはり「完走率」でしょう。

レースレポート①でも記載しましたが、今回のレースの完走率は下記でした。

【100km】56.9%(出走:411名 完走:234名)
【100mile】9.0%(出走:166名 完走:15名)

 

先程あげた他のレースはというと、

<100㎞>

  • FunTrails100K Round 秩父&奥武蔵 : 110㎞ D+5,560m 【81%】
  • OSJ おんたけ 100 : 99.8㎞ D+4,850m 【84.2%】
  • 信越五岳トレイルランニングレース2016 : 100.8㎞ D+3,400m 【60%】

<100マイル>

  • OSJ KOUMI 100 : 166.6㎞ D+8,510m 【34%】
  • UTMF 2015 : 168.9km D+7,180 【41.5%】
  • OSJ おんたけ 100マイル : 150.9km   D+6,090m 【48.9%】

 

信越五岳の完走率が低い理由は出たことがないのでわかりませんが、いずれにしても、やはりトレニックワールドの完走率は低いです。

この理由としては、もちろん当日の「暑さ」があったことは間違いないのですが、もうひとつ挙げるとするならば、飯能・越生特有の「細かいアップダウンの繰り返し」によるところが大きかったのではないかと思います。

最高高度が900mに満たない低山を繋いだコースではありますが、とにかく「細かいアップダウンが多い」のです!

 

こちらが今回のコースの高低図になります。

 

この高低図には表れていない「ギザギザ」がこの山々にはうんざりするほどありました。

それを証明してくれたのが、今回お世話になった地形図アプリ「ジオグラフィカ」。ジオグラフィカ上で表示された高低図はこちら。

<North>

 

<South>

 

一目瞭然!この細かーいギザギザ(アップダウン)がほんとにしんどいのです。いつまで経っても終わらない(笑)

 

今回いろんな名前の山を越えましたが、全部まとめて「ノコギリ連峰」にしましょう。

 

 

「ここからは下り基調だぜー♪」と意気揚々に下ったのも束の間、すぐに登り返しがきて、しかもその登り返しがけっこうえぐい。しかもそれが何度も何度もある。へなちょこメンタルを折るには十分。

そして下りは下りで、急すぎてしんどい(笑)。気持ちよく走れたところはロードとあとは数えるほど…

 

下りだと思ったのにすぐ登り…
気持ちよく下れると思ったのに全然走れない…

 

僕はこれを「下り基調詐欺」と呼びます。

 

今回、飯能・越生をくまなく100㎞も走ったので、もう騙されません。

みなさまも、飯能・越生の「下り基調詐欺」にはご注意を!

 

 

レース中の気温推移

レースが開催された週末、全国的に5月とは思えない猛暑に見舞われました。

気象庁から出ていた当日の秩父の1時間ごとの気温推移がこちら。

 

 

日中の一番暑い時間帯は「外に出ちゃいけないレベル」の暑さでしたね。日差しも突き刺すような夏の日差しでした。

 

 

 

 

 

トレイルに入るとさすがに多少涼しくはなりましたが、ロードに出ると灼熱。

真夏のような湿度がないだけマシでしたが、各エイドに用意された「被り用の水」はほんとに助かりました。毎エイド、太腿や首筋、そして頭からザブザブ被って、体を冷やしながら日中は進んでいきました。

 

まさに「サバイバルレース」

 

 

 

 

 

(ナイトランは楽しかった)

 

今回は暑さも相まって、序盤から、熱中症と思しきランナーたちがぐったりと横たわっている姿をエイド毎に何人も見かけました。

 

まさに撃沈状態。

 

エイドで耳に届いてくるランナー同士の会話も、

「もうねー、胃が何も受け付けなくなっちゃって、わたしここでやめときますわ」

といったものだったり。

 

Southに入ってからは、途中森の中から「オエェェッッ!!」という明らかに嘔吐している声が聞こえたり(笑)

 

まさに「サバイバルレース」といった様相でした^^;

 

これらを考えると、完走できただけでもけっこうすごかったのかな、なんて気になっちゃいますね。レースが終わって数日が経ち、じわじわとそんなことを実感しています。

 

 

というわけで今回は、「こんなにつらい大変なコースを走り切ったんだぜ」という前振りの内容でした(笑)

 

次回は、レース中僕に襲ってきた「苦しみ」について、赤裸々に振り返ります(笑)

そして最後に、しんどいながらも「100㎞を元気に走り切れた理由」と「レース後の体の状態」について書こうと思います。

 

今回のレースの関連記事はこちら。

<準備編>

【準備編①テクノロジー】オフラインGPSアプリ「Geograpfica(ジオグラフィカ)」(トレニックワールド100㎞に向けて)

【準備編②知識】気温上昇の予報にビビッて「運動と塩分」について調べてみた(トレニックワールド100㎞に向けて)

【超参考になったので共有】ロングレーサー必見!ベスパ齊藤氏セミナー「ロングレースの食学」

<レースレポート編>

【レースレポート①】結果報告・総括(トレニックワールド 100km in彩の国)

LINEで送る
[`evernote` not found]