【ハマりそうな予感】トレラン・登山・アウトドア界隈の「ガレージブランド」とりあえず5選

LINEで送る
[`evernote` not found]

先日、年に一回世田谷ものづくり学校を会場にして開催される「ULTRA GEAR MARKET 4(以下、UGM)」に行ってきました。「4」なので4回目の開催。僕は去年初めて行ったので今年で2回目。

View this post on Instagram

ウルトラギアマーケット行ってきました。トレラン&山関連のコアなショップが集まる年一のイベント。初めて行った時はなんだか緊張したけど、今はこんな空気にも慣れたもんです🥴w 「UTMF用のシューズを発掘してくる」というミッションは無事に達成。サロモンの「SENSE RIDE」と HOKAの新作「SPEED GOAT3」。どちらかでいく👟SPEED GOAT3は今日は試し履きのみで販売してなかったけど、これなかなか良かった。 UGMの後は相方たっての希望のキン肉マンスタンプラリーの旅。15km弱とか言ってたのに終わってみたら24km‼︎👊🏼いいトレーニングになりました…。全部で63駅あるんですが、7駅分集めるとまず"肉"シールがもらえるので、それで一応遊んでおきました🍖肉肉。 #ランニング #running #トレラン #トレイルランニング #trailrunning #ハシリマスタグラム #ランニング好きな人と繋がりたい #トレラン好きな人と繋がりたい #登山好きな人と繋がりたい #ウルトラギアマーケット #ultragearmarket #キン肉マンスタンプラリー

A post shared by DOPAN@6/23スパトレイル72k (@dopan0721) on

 

UGMのSNSから拝借すると、ザックリこんなイベント。

ブランド・メーカーさんやチームにたくさん集まってもらい、「山・トレラン・ラン・チャリ」などゴチャ混ぜでワイワイ楽しく交流できればと思っています。

  • フリーマーケット
  • ブランド・メーカーの新商品お披露目、コラボ・限定商品販売
  • 前回に引き続き「食」ブース
  • ウェア試着、シューズ試履き
  • 福袋タイム
  • グループラン
  • トークショー・セミナー
  • etc…

 

ほんとにザックリな感じですがw、このザックリな感じと、トレラン・アウトドア界隈特有の”心地よ~い緩さ”が相まってなんとも楽しいイベントなのですが、そんな雰囲気以外に具体的に何が楽しいって、ひとつはコアなショップ、つまり「ガレージブランド」が一堂に会するってところがあります。

 

もう終わっちゃってますが、UGMの出展情報を改めて振り返ると下記の通り(リンクはUGMの出展情報ページに飛びます。そこに各ブランドのリンクもあり)。

 

<ショップ・アパレルのガレージブランド系>

出展情報 Part.1(Answer4/TACOMA FUJI RECORDS/ジェリー鵜飼/RawLow Mountain Works/Great Cossy Mountain/EYL/VIVAHDE)

出展情報 part.3(RUN BOYS! RUN GIRLS!/Trippers/CONNECTED/FRANK&MORRIS/ELDORESO/UCS (UNO CAOL SHOWTEN)/hunt stored/TOKYO MOUNTAIN RUNNING COMPANY (from MMA))

 

と、まぁいろんなブランドやショップが参加してます。

 

※以下ご参考

出展情報 part.2 <ナショナルブランド系>(HOKA ONE ONE/RaidLight/goodr/jaybird/SEALSKINZ/H.A.D. Originals/INNER FACT)

出展情報 part.4 <フード系>(ULTRA LUNCH/AaH bit/AID. KITCHEN/Grunmeal/TRAIL HUT/sato coffee/Trail Butter/ZEN NUTRITION/HONEY STINGER/STRIDE Lab)

出展情報 part.5 <チャリ・チーム・メディア・その他系>(ALL YOURS meets チャリンコーヒー/408ownworks ワラーチワークショップ/Run or Die!!/MUJIN100とゆかいな仲間たち/フイナム ランニング クラブ/PAPERSKY STORE/tempra/ripa/velo spica/BIKELORE)

 

今回の出展社でさえ、知らないブランドが多数ありますが、ガレージブランドは他にもっとたくさんあります。なかなかアツイ世界です。

 

 

至極個人的な「とりあえず注目しておけ」な5選

 

UGMの出展社に限らず、ガレージブランド超ビギナーな僕でもなんとなく注目している、その名も「とりあえず注目しておけ」なブランドをいくつかピックアップします。(自分が注目しているから”注目しておけ”という強引さはご愛敬w)

というかガレージブランドの世界はまだまだほぼ知らない状態なので、なんらかの形で関わった(僕or相方が購入した)、もしくはショップでみて気になった、というレベル感でのピックアップです。

且つ、そのブランドの情報もよく知らないので、解説も超ライトです笑。とりあえず「そんなブランドもあるのね、ふむふむ。」とブランド名だけ認知していただければと思いますw

ガレブラビギナーなみなさま、一緒にこの世界にハマっていきましょー!(※ガレブラと訳している人は現状みたことありませんのでたぶん通じないと思いますw)

 

Answer4(アンサーフォー)

 

 

これはもはやガレージブランドの代表格ですね。UGMのサイトでも「もはや説明不要なので詳細省略。」となっちゃってます(笑)それぐらい知名度高いです、

山猿家も最近、ザックやらシェルやらウェアやらAnswer4グッズが増えてきました。

先日、高尾にある直営店「LDA(Living Dead Aid)」にも行ってきましたよ。

トレラン専門ガレージブランド「Answer4」直営店 ”Living Dead Aid(リビングデッドエイド)”に行ってきた。

 

ちなみに僕はこのTシャツデザインを見たときに、このブランドのセンスの良さを一撃で感じました。これキティーちゃんなので僕はちょっと着ませんが、絶対オシャレでしょ。女性トレイルランナーでこれ着てたら、ちょっと「お!」ってなりますw

 

 

 

 

 

 

 

RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)

2015年にバックデザイナー2人によりスタートしたバックパック中心のマウンテンギアブランド。 フィールドテストを繰り返しながら、生産は東京の自社工場でハンドメイドしているそう。

 

 

 

 

 

 

今回のUGMで「あ、これちょっと欲しい」と思ったのがコレ。

 

 

 

 

 

トレランではさすがに使えませんが、実はファストパッキング用にサコッシュを探してまして。(今持ってるのは雑誌の付録…)

これはサコッシュというよりは、”サコッシュとしても使える”という感じのものなんですが、ちょっと気になりました。カラバリも他に2色(3色だったかな?)あって、どれも合わせやすそうでした。

もちろんこれ以外にもUL(ウルトラライト)を主眼に置いたバッグを中心にしたギアがたくさんありました。

UL用にはザックを探しているときはありかも。

 

 

Great Cossy Mountain(グレイトコッシーマウンテン)

「King of Mellow Hiking Gear.」の名の元、SIMPLE・LIGHT・POPをキーワードにハイキングギアを製作販売。トレイルランニングや普段使いの小物、オリジナルウェアもあります。

 

 

 

 

 

↑のシカちゃんと、ちょっと小さくてわかりづらいですが↓のタグの腑抜けたキャラが印象に残るブランド。

 

 

 

 

 

 

 

↑の一見スーパーのビニール袋の形をしているこのバッグの名前は「ガサゴソバッグ」w なぜならこの腑抜けた表情のロゴ、実は全身だとこんなデザインで、こいつを「ガサゴソくん」というのです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと見づらいですが、パンツに手を突っ込んで”ガサゴソ”しています(笑)

 

▼ちなみに相方は今回のUGMでこちらのウォレットを購入。

 

 

 

 

 

 

 

相方は上のガサゴソくんのTシャツの後ろにチラ見えしているシカちゃんのTシャツも持っています。

「シカちゃん」に「ガサゴソくん」。ガレージブランドらしくて好きです(笑)

 

 

山と道

2011年に夏目夫妻2人で創業されたブランド。ハイキングを通じて感じた本当に必要な道具を形にしていく、というビジョンを持っている。

 

 

 

 

 

 

 

UL(ウルトラライト)系ではけっこう定番のブランド。トレランよりファストパッキング寄りです。山猿家ではまだ持ってませんが、山と道のザックはよく山で見かけるし、見た目でわかる”軽さ”‼今後なにか欲しいなーと思っているブランド。

▼よく見るやつ。「MINI」というそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ELDORESO(エルドレッソ)

2016年秋にスタートした東京を拠点としたアースランニングブランド。混沌とした東京のストリート要素を取り入れつつ、本格的なトレイルランニングにも対応出来る機能性やコンテンポラリーなデザイン、クラシカルなモチーフに独自のエッセンスとメッセージやラジカルさを加えた唯一無二なコレクションを発表している。

 

 

 

 

 

 

 

 

UGMにも出展していたブランド。ここもイラストデザインが個性的でオシャレ。

こいつとかいいですよねー↓

 

 

 

 

 

 

 

こんなのとかも好きな人はきっとだいぶ好き(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ここはTシャツでなんか一個欲しいな。

Tシャツ以外もオシャレなのいろいろあります。

 

 

とりあえずまとめ

 

これ以外にもめちゃくちゃたくさんブランドがありますが、今回はとりあえずこの5つ。

ガレージブランドのいいところは、やっぱりまずは「個性的」なところ。オリジナリティ溢れるデザインやメッセージがいい。

そして、小規模ブランドだからこその「こだわり」を感じられるところ。そんなにまだ持っているもの、使ったことがあるものが少ないですが、たぶんどれも「質が高い」です。

なぜならおそらくどのブランドも、ブランド創設者自身の、トレイルランやUL、アウトドア体験を元にして、「こんなのが欲しい!」「こんなのがあったらいいよな!」っていう強烈な想いがベースになっているから。

小規模故に受注生産だったりするので、なかなか手に入らなかったり、お値段が張る可能性はありますが、その分長く愛用したくなるような「相方」になるギアもたくさん見つかると思います。

 

 

ナイキやアディダス、サロモンやパタゴニアやノースフェイスももちろんいいけど、ガレージブランドも要チェックです。ギア選びが楽しくなりますな。自分の好きなガレージブランド見つけるぞー。

何かオススメのガレージブランドあったら是非教えてください。

 

いくらお金があっても足りないのが悩みですな(笑)



LINEで送る
[`evernote` not found]

BRAND, GEAR

Posted by yamazaru