▶︎毎週更新中のInstagramアカウントはこの帯をクリック!

【匂い対策】効果絶大だった!ランニングウェアのいや~な匂いは「オスバンS」で一発解消!

いきなり白状しますが、ワタシときたま、まぁまぁ臭いですw

加齢によるものかな〜と思いつつも、いやでも待てよ、学生時代も臭いときあったよな、とか、自分の「人生×臭い(匂い)」について頭を巡らせながら、この記事を書いています。(この白状、一気に付き合い減りそうw 皆さん、僕を見捨てないで。)

いや、でも、いいんです。

「臭くたっていいじゃない、人間だもの。」

ってみつおも言ってるし。(そうは言ってない)

いつも臭いのは僕も嫌ですが、たまには臭いときもある!仕方ない!僕はポジティブだけが取り柄!いざ行かん…!(冒頭から「臭い臭い」連呼してたら、ほんと自分が臭い人間に思えてくるな…)

で、こんなタイトルの記事をわざわざ書くのは、…というか調べ始めたのは、単純に自分のためなんですが、まぁでもおそらくこの情報はきっと役に立つ人もいると思うので(いますよね!笑)、冒頭で赤裸々に自分の人間臭さ(じゃなくて単純な臭さ)を告白をしつつ、調べた内容をシェアしたいと思った次第です。

「ワタシ、走り出すとすぐニオイ発してしまって、グルラン(グループラン)なんて行けなんです…」と諦めているそこのあなた!諦めないで!

ニオイを気にして”生涯ソロ街道”を突き進む前に、まずはこれを試してみてください。今のところ僕はこれで解決の兆しが見えてきています。

目次

【結論】やることは一つだけ。「オスバンS」に漬け込む!

はい、今回の記事は以上です(笑)

…いや、ほんとこれだけだな。どうしよう。

……っていうくらい簡単な話なんです。

無理矢理アクションステップを書き出しますとw、以下になります。

1. ドラッグストアかAmazonか楽天でオスバンSを購入してくる

2. ニオイが発生しているウェアをオスバンSを希釈した水に3〜6時間つけ置きする

3. 水でよくすすぐ(これ大事。すすがないと洗濯時に洗剤とオスバンSの成分が喧嘩して汚れが落ちなくなります)

4. 洗濯機で洗濯する(※洗剤と一緒に使うのはNG。必ずステップを分けましょう。)

以上!

これだけでニオイが消えました。ほんとに消えた。厳密には”ニオイが消えた”というか、”着用して時間が経ってもニオイが発生しなくなった”ですかね。

とにかく効果抜群!効果てき面!さぁ今すぐ匂いが発生するウェアは全部オスバンを希釈した浴槽か洗面台に漬け込むのだ!

【調査】ニオイの原因

匂いが消えることが分かった。もうそれだけで十分!という方はここでどうぞ離脱を。ここからはもう少し探究心のある方に。

とりあえずここで伝えたいのは、毎回毎回臭きったのは必ずしも「あなたの体が臭いからではない!」ということ。

これを伝えておきたいので(自分を慰めておきたいので)、「そもそもニオイの原因は何なのか」についても触れておきます。

ちなみにこれは調べるとたくさん出てくるので詳細はそちらをどうぞ。…なんですが、ざっくり説明すると下記が匂いが発生する原因およびメカニズムのようです。

まず、「ニオイの原因」は主に2つ。

一つは「体臭」。おいおい、結局カラダのニオイかよ。えーまぁ、一つはそりゃそうです。南無阿弥陀。

体臭については加齢とともに…という話もありますが、これがキツイ人はもうオスバン云々の話ではなく、日常生活から食生活を改善してください、ってことになります。うん、根本治療、頑張れ。

もう一つは「ウェアの繊維に染み付いた雑菌」。今回の敵はコイツです。

ちゃんと洗濯してるのになんで?って感じだと思いますが、どうやら普通の洗剤で洗濯しても分解できない雑菌とやらがいるみたいで、一見綺麗にみえて 且つ 洗剤の香りに包まれているウェアに、実はそいつらが潜んでいるというわけ。

で、そのウェアを着て運動をすると、最初は全然問題ないんですが、汗をかいてくるとその汗と一緒に皮脂なんかが溶け出してきて(要は「汚れ」)、それをエサにした雑菌が増殖して、ニオイを発生させてるってこと(らしい)。

マテリアル(素材)的な側面からいうと、昨今のランニングウェアは吸水速乾を目的として、そのほとんどが化学繊維(いわゆる「化繊」)のため、繊維構造が複雑で細かく、そこに汚れが絡みつく。繊維の奥深くに染み付いた雑菌は洗剤では落ちにくい、という構造。

いやー厄介だ。吸水速乾素材の裏にそんなトレードオフな関係があったとは。そして、洗剤も洗剤で万能薬なんてないってことか…。万事休す…。


でも、洗浄業界も助け合い。こんな時はもう「スペシャリスト」に頼むしかない!ってことでここで「オスバン殿」の登場です。

オスバン殿は洗剤では落とせない憎き細菌ドモを完膚なきまでに分解して抹消して抹殺して滅殺して……(ちょっと表現が過激すぎました)。とにかく消し去ってくれるのです。まぁ一般的にいうと、「殺菌・消毒剤」ですw(はじめからそう言え)

洗剤も殺菌・消毒の部類かと思ってましたが、微妙にカテゴリーが違うんですね。

でも、なんてわかりやすい理屈なのだ。なんだ、そーゆーことだったのね、って感じ。”ニオイ問題”はいろんな意味でその人の人生かかってくると思うので(単純に自分臭いと凹みますしw)、ほんとオスバン様様です。オスバン殿に敬礼!

【殿様】「オスバンS」とは

ニオイの原因がわかったところで、もう少しオスバン殿の生体を深掘っておきます。

オフィシャルの紹介としてはこちら。

■商品名:オスバンS
■成分:ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)
■容量:600mL
■製造販売元:日本製薬株式会社
■販売価格:880円

ポイントはこちら。

■ 実はさまざまな場面で使われている(手指消毒剤、市販のウエットティッシュ、おしぼり、コンタクトレンズ洗浄液、制汗デオドラント剤、などなど)
■ 実はさまざまな用途に使える(手指消毒、食器、家具、トイレ、衣服、などなど)
■ 洗浄力はない(洗剤の成分とは喧嘩するので一緒に使うと洗浄力を相殺してしまう)
■ 「逆性石鹸液」とも呼ばれる(逆性石鹸:カビや細菌などを引き寄せ、それらの細胞を変質させる)
■ コスパが良い(600mlで880円。基本1000倍に希釈したりするので長く使える)
■ 容易に手に入る(ドラッグストアに売ってる)

まぁ用途とか機能とか細かいことはいいとして、「調達しやすくて、安くて、効果抜群!」ってだけでもう十分です。庶民の味方万歳。

まとめ

人生長いこと生きていれば、臭いときもあればいい香りのときもあります。山あり谷ありです。人生なんてそんなもんです。

でも、やっぱり清潔でいたいw マズローの欲求5段階のファーストステップである「生理的欲求」は、この日本に生まれたからにはせめて満たしておきたい!臭いの嫌い!

なので(?)まとめとしては、「マジで効果あるので、ニオイに悩んでるなら、つべこべ言わずにとりあえずオスバンに漬けとけ」ですw

まとめ雑ですかね?ww

あ、ちなみに僕とトレランなんかに行って、僕からプンプンと”芳(かぐわ)しい香り”がしてきたら「山猿氏、臭いっす。」と一言言ってください。

ていうか、そんなときは自分でもたいてい「自分が臭いこと」に気づいているので、「あ、すんません、いま僕、臭いっす。」って先にカミングアウトさせていただくかもしれませんが、いずれにしてもその時は、後ろの方に迷惑をかけないように最後尾を走りますし、そこからさらに距離を置き、そっとソロ行動に移ります。(自分で自分のニオイに気付かなくなったら……どこか島にでも行こう)

あ、それと最後に。

漬け込みは奥さんに任せたらダメですよ。自分でやりましょう。これ大事。(山猿家は洗濯担当ワタクシです)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ

▼こちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい
【トレラン必須項目】そろそろ虫除けスプレーの出番です。「虫除け対策」の基礎知識。 これからの季節、山に入るときに気になるのが虫刺され。暖かくなると虫たちも活動が活発化しますし、ランナーも軽装になり肌の露出が大きくなるので虫刺されのリスクも...
よろしければシェアお願い致します!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる