【旅の記録①】北アルプス 常念山脈縦走 1泊2日「絶景&紅葉プレイバック」

2017年11月10日

LINEで送る
[`evernote` not found]

既に半月以上前になってしまいましたが、9月30日~10月1日にかけて念願の北アルプスに行ってきました。当初はその翌週で行く計画でしたが、なかなかバスの予約が取れずに行先変更も考えていたところ、奇跡的にバスの予約がこの週で取れたので(相方に感謝)「これはもう行かなくては!」と、行先確定。

金曜夜発からの土日2日間を目一杯使っての山旅となりました。

結論からいうと、言葉に表せない程の「絶景の嵐」で、ただただ「すげー!」とか「うぉー!」とか「たまらんー!」とか「やばいー!」とかをひたすら言っていた2日間(語彙力・恥)。

興奮と驚嘆と垂涎の2日間。

そして、この土日はとにかく天候に恵まれ、2日間ともに最高の天気!自分たちが歩く縦走路はもちろんのこと、北アルプスの本命(ですよね?)「奥穂高連峰」をひたすら眺めながらの稜線歩き。

縦走登山は5月の奥秩父主脈縦走に続き今回が2回目でしたが、これまでの人生の中で登山をしてこなかった自分を恨むほどの感動を味わいましたね。。

「たまらん…」 ※語彙力はすぐには上達しませんm(_ _)m

今回は2日間の日程なので、奥秩父縦走に比べれば距離は短いのですが、縦走は縦走です。そして、いまだにテントは持っていないので今回も小屋泊。

 

これから「至福の2日間」をいろいろな思い出とともに振り返っていきますが、まずは!なにはともあれ!僕がこの2日間で目に焼き付けた(というより、すごすぎて”目に焼き付いた”)絶景の数々を是非ご覧に入れたい!

撮影はスマホですし、「生で見る(感じる)景色」には到底敵いませんが、それでも都会のコンクリートジャングルで暮らしていては絶対に出会えない「絶景」を少しでも共有できればと思います。(うちに眠っているミラーレス一眼、勉強しようかな…)

 

地球ってすごいな…
自然って雄大だな…

 

って思います。(僕は心から思いました)

 

なので、今回は旅の詳細は抜きにして「写真プレビュー」です。厳選した写真の振り返りのみ!そしてそれら「絶景」に加えて、この時期の北アルプスを美しく彩る(ほんとに綺麗でした)「紅葉」たちも併せて載せていきます。

このあとは読む行為は不要ですので、ただただ写真を眺めてください(笑)

 

プレイバック(「紅葉」編)

 

絶景の前にまずは「紅葉」から。

 

 

 

プレイバック(「絶景」編)

 

お待たせしました。絶景版。この2日間で撮り溜めた景色の中から順不同でお届けします。北アルプスに行った気持ちでどうぞご堪能ください。ちなみにすべてスマホ(iPhone6)で撮影してます。

 

 

 

この2日間で目に焼き付いた景色を、僕の少ないボキャブラリーの中からあえてひと言で表すなら「雄大」です。北アルプスの山脈はとても大きく、山によってはゴツゴツと険しく、そのさまはまさに「壮大」なんですが、その壮大さのなかにもどこか「やさしさ」があるというか。

僕の勝手なイメージですが、

壮大 × やさしさ = 雄大

なのかなーという感じがしました。くさいですね(笑)でもこれ、なんとなくでも共感してくれる人いないかな(笑)けっこういい線いってると思うんだけど。

それと今回の山旅で気付きましたが、雄大な景色って、不思議といつまで見ていてもまったく飽きないんですね。歩みを進めていると少しずーつ見える角度が変わっていきますが、その微妙に変化していく景色を一時も見逃したくなくて、ずっとずっと顔を上げて目で追っていたくなりました。(でも足元見ないとつまずくので、ジレンマと戦ってました笑)

 

ちなみにアイキャッチに使った写真(記事中最後の写真)は、今回の写真の中で一番のお気に入り。2日目の早朝、出発時に山小屋の前でたまたま撮った写真なんですが、奇跡の一枚。「絶景」とは違いますが、最高の一枚が取れて自己満です(笑)

 

というわけで、まずは旅の詳細抜きに、今回の旅で見てきた「最高の景色たち」をただただ振り返りたくて、「絶景プレイバック」をお届けしました。

次回は、初日から順を追って旅の詳細を振り返っていきたいと思います。

 

あ~それにしても最高の2日間だったなー。。

LINEで送る
[`evernote` not found]